ラーメンの歴史


ラーメンはもともと中華麺料理でしたが、1859年に日本が世界に向けて港を開港した後、中国の人々が日本の主要な港町に移り住んで、ラーメンは日本に運ばれました。 まもなく、主要な港町にラーメン店が出始めました。そこで、日本の地元の人々はこの初期の形のラーメンを頻繁に食べ始めました。やがて、カート(または屋台)から麺を路上で販売する独自の独立した事業を立ち上げる人もいました。


ラーメンの普及と多様化には、日本各地で長年に渡り、色々な理由が起因しています。第二次世界大戦後の日本は非常に貧しい国であり、1945年12月に日本は42年間で最悪の稲作を記録しました。アメリカ占領下で食糧不足に対処するために安い小麦粉が国内に普及し、それにより麺料理の人気が高まりました。1908年にはMSGが発明されたことにより昆布の旨みが非常に簡単に得られるようになり、その上、ラーメンスープの主な材料が安価な骨であることが、ラーメンの初期バージョンを作ることを容易にしました。

これらの要因により、ラーメンは急速に全国に広まりました。日本の経済が改善するにつれ、各地域が独自のスタイルのラーメンを開発し始めました。九州では豚骨をメインにしたとろみのある「とんこつ」を開発し、北海道では独自の味噌ラーメンが広まりました。現在日本では、地域ごと、都市ごと、さらにはショップごとに異なる独自のラーメンが展開しています。


日本の様々なラーメンとオリジナルの中華麺の主な違いは、スープにあります。今日日本で見られるすべてのラーメンスープは、ラーメンでのみ使用するために作られています。一方、当時の麺料理にはオリジナルのスープが使われていました。今日のラーメン屋で食べることのできるラーメンは、スープに5種類から、多い場合は40種類もの材料が含まれているものもあります。ラーメンの味を多様化するこの能力は日本だけでなく世界中でのラーメンの台頭に重要な役割を果たしてきました。