ニュース RSS



ラーメンの歴史

ラーメンはもともと中華麺料理でしたが、1859年に日本が世界に向けて港を開港した後、中国の人々が日本の主要な港町に移り住んで、ラーメンは日本に運ばれました。 まもなく、主要な港町にラーメン店が出始めました。そこで、日本の地元の人々はこの初期の形のラーメンを頻繁に食べ始めました。やがて、カート(または屋台)から麺を路上で販売する独自の独立した事業を立ち上げる人もいました。 ラーメンの普及と多様化には、日本各地で長年に渡り、色々な理由が起因しています。第二次世界大戦後の日本は非常に貧しい国であり、1945年12月に日本は42年間で最悪の稲作を記録しました。アメリカ占領下で食糧不足に対処するために安い小麦粉が国内に普及し、それにより麺料理の人気が高まりました。1908年にはMSGが発明されたことにより昆布の旨みが非常に簡単に得られるようになり、その上、ラーメンスープの主な材料が安価な骨であることが、ラーメンの初期バージョンを作ることを容易にしました。 これらの要因により、ラーメンは急速に全国に広まりました。日本の経済が改善するにつれ、各地域が独自のスタイルのラーメンを開発し始めました。九州では豚骨をメインにしたとろみのある「とんこつ」を開発し、北海道では独自の味噌ラーメンが広まりました。現在日本では、地域ごと、都市ごと、さらにはショップごとに異なる独自のラーメンが展開しています。 日本の様々なラーメンとオリジナルの中華麺の主な違いは、スープにあります。今日日本で見られるすべてのラーメンスープは、ラーメンでのみ使用するために作られています。一方、当時の麺料理にはオリジナルのスープが使われていました。今日のラーメン屋で食べることのできるラーメンは、スープに5種類から、多い場合は40種類もの材料が含まれているものもあります。ラーメンの味を多様化するこの能力は日本だけでなく世界中でのラーメンの台頭に重要な役割を果たしてきました。

続きを読む



吉祥寺

吉祥寺は、東京の武蔵野市にある街です。駅の北側のコンパクトで非常に人気のある商業地区と、さまざまなショップ、レストラン、バー、コーヒーハウスがある駅の少し南側のエリアが中心となっています。吉祥寺駅の南側には、街を抜けて大自然を散策しながら、さまざまな大道芸人、芸術家、屋台の雰囲気を味わう人気スポット、井の頭公園があります。このエリアは、1990年代以降、首都圏の住みたい街として一貫して取り上げられており、2017年に不動産大手スーモの年次調査で第1位を獲得しています。 井の頭公園 吉祥寺の中心部には井の頭公園があります。正式名は、井の頭恩賜公園で、1913年に天皇から東京都に贈られ、1917年に開園したことから「井の頭恩賜公園」と呼ばれています。大きな池や井の頭公園動物園など、様々なな見どころがあります。井の頭公園は東京で最も緑豊かな公園の1つで、樹木が密集しているため、東京の中心部から電車で30分、新宿から電車で20分で森の中にいるような感覚を味わうことができます。 井の頭公園は、都内から多くの人が足を運ぶ人気の場所です。週末や休日には大勢の人が公園を散歩するので、さまざまな出店、大道芸人、ミュージシャン、アーティストが集まります。また、吉祥寺音楽祭や吉祥寺アニメワンダーランドなど、毎年多くのフェスティバルが開催されています。 三鷹の森ジブリ美術館 宮崎駿は日本だけでなく世界中で知られ、その素晴らしい作品は世界中の人々の想像力にインスピレーションを与えてきました。井の頭恩賜公園の西側にある博物館は、スタジオの作品とアニメーションの世界の仕組みを紹介しています。ミュージアム内にはスタジオジブリの有名な映画への言及が数多くありますが、スタジオジブリファンでなくても、その展示品の芸術性の高さを充分楽しむことができます。 博物館の中には、曲がりくねった建物、小さなドア、曲がりくねった階段、屋上庭園、高層の大邸宅などがあり、魅惑的なスタジオジブリの雰囲気を再現しています。美術館内の写真撮影は許可されていません。 サブカルチャーと雰囲気 60年代後半、地元のジャズシーンのセレブであった故・野口伊織によっていくつかのジャズ喫茶(「コーヒーハウス」)がオープンしたことで、吉祥寺は「ジャズタウン」としての評判を高めました。多くのミュージシャン、アーティスト、大学教授、志を同じくする人々がこの地域に住み、訪れることで、吉祥寺はカジュアルでくつろいだ雰囲気を醸し出しています。野口で最も有名な施設「Sometime」は、1975年から毎晩ショーを開催しており、吉祥寺でジャズの生演奏を見ることができる人気スポットの1つです。 厳選されたヴィンテージコレクションを専門とする小さなブティックや日本製製品のショップも吉祥寺で非常に人気があります。吉祥寺は、サブカルチャーが流行りの開放的な街で輝きを放つなど、ニッチなアイテムを買う場所として知られています。ヴィンテージの本、雑誌、洋服からお皿、お椀、箸など、手作りの日本の家庭用品まで何でも買うことができます。 ショッピングとレストラン 吉祥寺には、ショッピングを楽しめるサンロードや中道通り、夜の賑やかさを求めて東京中から人が集まるハーモニカ横丁など、様々な通りがあります。 吉祥寺サンロードと中道通りには、新しいチェーン店も伝統的な独立系ショップもあります。新しい靴から新鮮な豆腐、和風ハンドクリーム、ヴィンテージの着物まで、吉祥寺では何でも見つけることができます。 第二次世界大戦後のフリーマーケットであったハーモニカ横丁は、ハーモニカの葦に似た小さな店にちなんで「ハーモニカアリー」と呼ばれ、吉祥寺駅の北側にあるダイナミックな交差路です。日中は小さなブティック、居心地の良い伝統工芸品店、そして昭和の頃から営業している魚屋などがありますが、夜が明けて赤い提灯が点灯すると、小さな立ち飲みの居酒屋がオープンし、吉祥寺の食文化を体感することができます。お酒と美味しい焼き鳥で立ち寄りたい人に人気のスポットです。 居住性 東京郊外にあり、非常に郊外でリラックスした雰囲気に包まれていますが、新宿から電車でたった20分なので、23区の外にいるような気分にはなりません。様々なショッピングスポット、ユニークなナイトライフ、東京で最も緑豊かで美しい公園だけが吉祥寺の人気の理由ではありません。 周辺の大学とともに、若者や学生が若くて新鮮な雰囲気を保っていることが、吉祥寺が過去20年間、東京で最も人気のあるエリアにランクインしているもう一つの欠かせない理由です。雑誌「CNN GO」の世論調査によれば、この地域は1990年代以降毎年、日本国民が住みたいと思う街1位に選ばれています。

続きを読む